2016年度

 

4月 ちりめんモンスターを探せ!

5月  藍染めの化学

6月   金属を溶かしてキーホルダーを作ろう

7月 メダカの観察

夏休み 天文 星座早見盤づくり

    化学 ガラスの化学1

    生物 顕微鏡名人になろう

9月 カリンバを作ろう

TOP   TOP.htmlshapeimage_3_link_0
科学実験教室   SCIENCE.htmlshapeimage_4_link_0
フィールドワーク   FIELD.htmlshapeimage_5_link_0
   
Q & A   q%26a.htmlshapeimage_8_link_0

10月 モーターを作ってみよう

11月 アンモナイトの化石みがき

12月 大道仮説実験<ころりん> 

冬休み 生物 豚の目の解剖

               天文 望遠鏡づくり

    化学 ガラスの化学2

2月  ひんやり液体で結晶づくり 

3月  マジックパワー?!

 

134回 ちりめんモンスターを探せ!

2016年4月23日土曜日

小魚のなかに、たくさんのモンスターが隠れていました。

チリメンジャコをかきわけて、色々な海の生物をさがしました。

魚のなかま、イカ・タコ・貝のなかま、エビ・カニのなかま、その他

の4つに分類しました。ゾエア、メガロパなど

の言葉も学びました。

1人1人、A5版の標本をつくりました。


 図書紹介 チリメンモンスターをさがせ

チリモン博物誌(きしわだ自然友の会) イカタコ観察事典(偕成社) など


 


TOP   TOP.htmlshapeimage_20_link_0

135回 藍染めの化学

2016年5月21日土曜日

タデアイの乾燥葉を使って、ハンカチを2枚染めました。

煮だした葉の液体は黄色をしていて、ハンカチを液の中にいれると黄緑色にそまりました。空気にふれるとみるみる青い色に変化していきます。

何度もくりかえすと、青色が濃くなって、やがて藍色に染まりました。

輪ゴムでしばり、染まらないところが、模様になります。

タデアイの葉は、杉並区立科学館で育て収穫した葉を使わせていただきました。記念に残るハンカチになりました。

 図書紹介 

 アイの絵本 くさかべのぶゆき 農山漁村文化協会

 愛締めの歴史と化学 三木産業 裳華房

136回 金属を溶かしてキーホルダーを作ろう

2016年6月25日土曜日

ピューターというスズの合金をつかい、キーホルダーを作りました。

溶かした金属を流し込む型は、それぞれ自分で考えたイラストを、彫刻刀の三角刀と丸刀をつかって彫りました。溶けた金属も自分たちで流し込みます。世界でひとつだけのキーホルダーの出来上がりです。


137回 メダカの観察

2016年7月16日土曜日

メダカの1日目〜9日目までの卵を、顕微鏡で観察しました。

生物顕微鏡を1人1台ずつ使い、正しい使い方を学んでから卵の観察です。

メダカの卵をガーゼできれいにするときは、卵の硬さがわかります。

心臓がうごく、メダカの血液が流れている、1日毎に変化するメダカの卵の

様子をじっくりと2時間観察しました。

最後は、メダカの飼い方を学び、先生が育てた子メダカがおみやげです。

 図書紹介   

かえるよ!メダカ                         アトリエモレリ署 リブリオ出版

メダカのくらし (科学のアルバム)     草野慎二              あかね書房

めだか かがくのとも           吉野正巳     福音館書店

メダカ 育てて調べる日本の生きものずかん 岩松鷹司      集英社    ほか

<夏休み特別科学実験教室> 天文

138回 星座早見盤づくり

2016年7月28日木曜日

自分が今いる地球の場所「住所」があるように、

星にも1つ1つ住所があります。星座早見盤のしくみを調べ、星の住所からオリジナルの星の地図を作りました。

<夏休み特別科学実験教室> 化学

139回 ガラスの化学1

2016年7月28日木曜日

ガラスの性質を学んでから、ガラス細工をしました。

小学4,5年生はガスコンロ、小学6年生と中学生はガスバーナーを使って、スポイトとマドラーを作りました。

<夏休み特別科学実験教室> 生物

140回 顕微鏡名人になろう 

2016年7月29日金曜日

生物顕微鏡と双眼実体顕微鏡を使って、植物のからだのつくりと

はらたきを調べました。色々な花の花粉を顕微鏡で観察しました。

植物が受粉したあとは、どうなるのでしょう。

花粉管が伸びる様子も観察しました。

141回 カリンバを作ろう

2016年9月17日土曜日

カリンバという楽器を作りました。一秒間に20回〜2万回の振動している波は 人間に聞こえる音です。それ以下、以上の音を聞くことができる動物や昆虫もいます。音叉をたたいて水盤の中にいれ、音の波がどのように伝わって行くのかを見ました。ドレミファソラシドの音の調整は、難しかったですね。

142回 モーターを作ってみよう

2016年10月29日土曜日

今日は、東大CASTのメンバー7名が講師です。

予想、仮説、実験、結果。この4つを考えながら実験をしました。まず、LEDは電池でつくのかな? ワークシートに理由も書いて、やってみました。さて、どうなったでしょう???電池2つでは? 電池の向きは? 色々と実験しました。モーターは、見本をみて、どうやって作っているのかを見て、考えて作りました。回らかった人は、家でやってみよう。

143回 アンモナイトの化石みがき

2016年11月19日土曜日

アンモナイトの断面標本を作成し、今行きている生物と比較しながら、殻のつくりを理解しました。当日は、本物のアンモナイトを耐水紙ヤスリでけずりました。

アンモナイトは60分けずっても半分まで削れない

くらい硬いものでした。

オウムガイの殻のつくりにそっくりでした。

144回 大道仮説実験<ころりん>

2016年12月17日土曜日

お家にあるあんなものやこんなものを<ころりん>するうちに、物理の法則がみえてくる。予想をたてて実験をして、実験のあとは<ころりん>する工作をつくりました。缶ジュースとツナ缶を同時にころがしたら・・・からはじまって、たくさんの予想と実験をくりかえしました。予想がはずれても、当たっても、大切なのはどうなるか?を考えることと、どうなったかを自分の目で確かめることです。

<冬休み特別科学実験教室> 生物

145回 豚の目の解剖   

2016年12月24日土曜日

豚の目のつくりを調べました。

豚の目をとおして、ヒトの目のつくり

についても理解も深めました。

サイエンスホッパーズ初の中学生対象の実験教室です。

<冬休み特別科学実験教室> 天文

146回 望遠鏡づくり 

2016年12月24日土曜日

約400年前にガリレオが使っていた望遠鏡と

同じ口径(4mm)の望遠鏡をつくりました。

中学生対象の教室ですが、小学生高学年も頑張って頑張りました。

中学生対象の実験教室です。(小学生高学年参加)

<冬休み特別科学実験教室> 化学

147回 ガラスの化学2 トンボ玉づくり

2016年12月26日月曜日

硬いのにすぐ割れたり、熱に強い

ようで熱湯でヒビがはいったりするガラス。

うまく加熱すると割れずに飴のように溶けます。

この独特な性質について学びながら、トンボ玉を作りました。

中学生対象の実験教室です。(小学6年参加)

148回 ひんやり液体で結晶づくり

2017年2月18日土曜日

水に溶かすと熱くなったり冷たくなったりする粉の秘密を探りました。粉の正体は尿素。水にとかして温度をはかります。さて熱くなったでしょうか? 冷たくなったでしょうか? 次に尿素をつかって、結晶をつくりました。自分の名前を書いてみたり、みんな色々な作品ができました。時間をかけてつくった結晶は、木のようなステキな結晶ができました。

149回 マジックパワー?!

2017年3月18日土曜日

無色透明の液体をリトマス試験紙をつかって調べました。謎の液体は「酸性・中性・アルカリ性」にわかれました。BTB溶液で水溶液の仲間分け(指示薬)のことを学んだ後は、ブルーベリーと紫大根を使って指示薬をつくり、6種類の水溶液の性質を調べました。ブルーベリーと紫大根の指示薬で、オリジナルの「しおり」も作りました。みんなステキな模様のしおりを完成させました!

 (紫キャベツを使わない実験です)