2018年度

 

4月 水中の微生物の観察

5月  光るグミ

6月   メダカの卵の観察

7月 アンモナイトの殻のつくりを探ろう

9月 

10月 

TOP   TOP.htmlshapeimage_3_link_0
科学実験教室   SCIENCE.htmlshapeimage_4_link_0
フィールドワーク   FIELD.htmlshapeimage_5_link_0
   
Q & A   q%26a.htmlshapeimage_8_link_0

11月 

12月 

冬休み 


2月   

3月 

 

161回 水中の微生物の観察

2018年4月21日土曜日

今年度第1回目は、1人1台の生物顕微鏡を使って、

水中の微生物の観察をしました。

まずは顕微鏡の使い方から。そしてミジンコ、ボルボックス、

ミドリムシを観察しました。


 


162回 光るグミ

2018年5月26日土曜日

高井戸区民センターにて、光るグミをつくりました。

ジュースや栄養ドリンク+ゼラチン+水あめでグミを

つくることができます。グミを冷やし固めている間に、

紫外線や光について・噛むことや栄養についてなどを

学びました。自分で作ったグミはどんな味だったでしょうか。

164回 アンモナイトの殻のつくりを探る

2018年7月14日土曜日

本物のアンモナイトを削り、殻の中のつくりを観察しました。

サザエやオウムガイの殻の破片は水の中にいれると沈みました。壊れていないオウムガイは浮かびます。オウムガイやアンモナイトには壁(隔壁)があることを学びました。耐水紙ヤスリ(400番)で1時間以上削る根気のいる作業でした。アンモナイトや化石は博物館だけでなく、デパートでも見ることができます。


163回 メダカの観察

2018年6月16日土曜日

1日目から10日目までのメダカの卵を観察しました。

生物顕微鏡で卵を見ると、油球だけの卵やまだ目の黒くない卵、

心臓が動いていたり、もう生まれて稚魚になっているメダカもいました。

稚魚を顕微鏡でみると、おなかのあたりに油球がついていました。

稚魚や卵を持ち帰った人は、小さくても命のあるもの。

大切に育ててください。

165回 



166回 


TOP   TOP.htmlshapeimage_35_link_0

167回 


168回 


第169回 
第170回 
第171回 
第172回